グリード

〒812-0038 福岡県福岡市博多区祇園町4-61 FORECAST博多祇園8F

お問い合わせ090-292-5585

  • TOP
  • 会社案内
  • グリードがすすめる不動産経営
  • 新築一棟アパート
  • 新築テナントビル
  • 収益物件の取引事例
  • セミナー情報
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • 仲介業者様専用 空室一覧
  • 090-292-5585
  • お問い合せフォーム

トップページ節税と相続対策

節税と相続対策
TAX SAVING AND INHERITANCE COUNTERMEASURES

「節税」は不動産を保有すると同時に
考えていかなくてはいけないテーマです。

減価償却を活かす経営

例えば、「1棟中古物件」といっても「木造」もあれば「RC構造」の物件もあります。一見、RC構造のほうがよさそうに見えても、「木造」の物件のほうが減価償却費を活かしている場合もあります。
なぜなら
・木造はRC構造に比べて固定資産税が安い
・耐用年数を超過していることが多く比較的短期間で全額償却できる
・会計上は赤字計上できる場合が多いため、利益を圧縮できる
・結果的に手残り収益が大きく、投資回収が早まる
からです。

利益優先型投資を考えるのであれば、
今、人口増加著しい全国的に注目の
福岡都市圏の不動産投資を
お勧めしています

相続対策に有効な収益物件

評価額と市場価格のギャップ(差)の
大きい収益物件で相続対策

なぜ、収益物件を持つと
相続税の節税に
なるのでしょうか。

理由1 
現金で相続する場合は、額面通りの評価額となりますが、不動産の場合はその評価額が大きく下回るため。

理由2 
収益物件の場合には、「貸家建付地」としての扱いが適用され土地の評価および建物の評価もさらに下がるため。

結果的に「現金で相続する場合」と比較すると、「収益物件」は4~5割も資産の評価が下がります。
つまり、「評価額」と「市場価格」のギャップ(差)の大きい収益物件が相続対策に適していると言えます。 

 

 

 

 

ただし、地方の物件は、国の評価額よりも市場価格が低いためギャップが小さくなります。
しかし、当社がおすすめしている福岡都市圏の収益不動産では、市場価格が高く設定されるケースが多くギャップを大きくとれる物件が市場に多くあるため十分な節税効果が期待されます。

利益優先型投資に適した、
「福岡都市圏の1棟収益物件」
について、

詳しく知りたい方はグリードまでご連絡ください!

お電話でのお問合せ

株式会社グリード

〒812-0038 福岡県福岡市博多区祇園町4-61 FORECAST博多祇園8F
FAX: 092-292-5584

090-292-5585