自己資金なしでもできるのは不動産投資だけ

家賃収入を得られる投資用の不動産を「収益物件」と呼びます。

不動産投資を始めたい人は、福岡の収益物件にぜひ目を向けてください。

福岡は不動産投資の成功要素を多数備えているからです。

その魅力を説明する前に、不動産投資自体の魅力や、覚えておくべき基礎知識をお伝えします。

 

資産形成の手段は、不動産投資に限りません。

株、FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨など、不動産以外にも投資先はさまざまあります。

ただ、株、FX、仮想通貨への投資と 、不動産投資には、決定的な違いがあるのをご存じでしょうか?

答えは、自己資金を必要とするか否かです。

株、FX、仮想通貨に投資する場合は、基本的に自己資金を必要とします。

ですから自己資金を用意できなければ、投資を始められません。

一方、不動産投資の場合は、必ずしも自己資金を必要としないのです。

投資する物件や個人の属性にもよりますが、金融機関から融資を受けて購入資金をすべて賄えるため、手持ち資金ゼロでも投資を始めることが可能となります。

 

金融機関からの融資、言い換えれば「他人のお金」を使って資産形成ができる手段は不動産投資のみです。

他人のお金を元手に不動産に投資して、家賃収入を得られるのです。

かたや、株でもFXでも仮想通貨でも、金融機関が投資資金を貸してくれることはありません。

給料の一部や貯金など「自分のお金」を使って投資するわけです。

 

また、不動産投資の場合は、物件の管理(入居者とのやり取りなど)も自分で行う必要はありません。

不動産会社がその役割を担ってくれるため、極端な話、ほったらかしでもOK。

会社員と両立しながら、毎月安定した家賃収入を得られるのです。

「不動産投資はお金持ちしかできないのでは…」と思っている人も少なくないと思います。

でも、それは誤解です。

資産家に限られるわけではないですし、土地を持っていなければできないわけでもありません。

平均レベルの年収以上の会社員なら、不動産投資の扉は開かれています。

 

まとめると、

・自己資金は必ずしも必要なし。土地も必要なし。金融機関から融資を受けて収益物件を購入し、資産構築できる

・物件の管理は不動産会社にお任せでOK。運営の手間なく毎月の家賃収入を得ることができる

となります。

これが不動産投資の利点であり、最大の魅力といえるでしょう。