初心者おススメの新築アパート投資3つの特徴

不動産投資初心者には新築アパート投資がおススメです。

私たちの会社を通じて、その第一歩を踏み出した人たちもたくさんいます。

私たちが考える新築アパート投資の特徴を、ここで改めて紹介します。大きくは次の3つです。

 

1.ローリスク・ロングリターンの堅実投資

不動産投資は株やFXなどの投資と違って短期的な値動きが少なく、景気の好不況にもそれほど左右されません。

したがって、長期的に安定した収益を望むことができます。

中でも新築アパート投資は、長い期間安定した家賃収入を見込める堅実な資産運用法といえます。

 

2.立地を選べる

新築アパート投資は「土地を選ぶ」ところから始まります。

すでにある物件に投資するのではなく、土地から選べるのが大きなポイントになります。

何度も述べてきたように、不動産投資でもっとも重要なファクターは「立地」です。

長く賃貸需要が望める立地を見極め、そこでアパート経営をすれば自ずと成功につながります。

 

3.担保力が高く、ローンが組みやすい

金融機関は不動産投資などの融資を行う際、借り手が返済困難となったときに備え、不動産を担保として設定するのが一般的です。対象の不動産に担保としての価値があるかどうかを評価することを「担保評価」と言い、担保評価によって融資額や金利を決定します。

新築物件の担保評価は中古物件に比べて高く、結果として借入金額を多く見込めてフルローンも可能となり、低い金利の適用も望めるのです。

カテゴリー