65歳で現金1億円を目指す道のり

不動産投資コラムでは「65歳で1億円の現金資産」を築くことを目標に掲げています。

1億円を手にしてから実現したい夢は、皆さんそれぞれで描いてください。

「1億円の現金資金なんて本当に築けるの?」と思う人もいるでしょう。

単に不動産投資を始めることで実現できるわけではありません。

福岡の不動産、新築アパート投資で実現できる道です。そのロードマップを紹介しましょう。

 

「ステップ1」 → 30歳から福岡で新築アパート投資開始

「ステップ2」 → 初年からの5年間は2棟のアパートを建設。6年目から銀行の信用もついてくるので、年1~2棟のアパート建設に加速

「ステップ3」 → 40歳時に10棟のアパートオーナーに

「ステップ4」 → 新築アパート経営で安定収益を得ながら、ローン返済を進める。この時期に借金が減り、資産価が人口増加とともに上昇

「ステップ5」 → 60歳時に10棟すべてのローンを完済

「ステップ6」 → 60歳から物件売却。一棟最低1000万円の売却益に

「ステップ7」 → 65歳までにすべて売却し、1億円のキャッシュを達成!

 

これは基本モデルです。30歳でスタートすれば、65歳までに1億円のゴールに到達します。

40歳でスタートした場合はゴールが75歳。45歳までにスタートすれば80歳までにゴールに到達します。

人生100年時代を迎え、リタイア後の生活は長くなるばかりです。

福岡での不動産投資を軸に、第二の人生を有意義に過ごすことを考えてみてはいかがでしょうか。