人口増加率ナンバー1

なぜ福岡が不動産投資に適しているのか。

当然ながら、それには確固たる理由があります。福岡の魅力、ポテンシャルを知れば、自ずと納得いただけるはずです。

その裏付けとなる各種データを提示しつつ、「福岡が不動産投資で圧倒的に有利な理由」を詳しく説明していきます。

あわせて、福岡のことを知り尽くす当社の強み、福岡の不動産投資最新事情についてもお話ししたいと思います。

 

まずは、福岡の魅力、ポテンシャルから。

第一は人口増加が挙げられます。

不動産投資、賃貸経営の要は家賃収入を安定して得られるかどうかです。家賃収入は人がもたらし、人が多いほど賃貸需要を望めます。

したがって、人口が増加するエリアに不動産を持てば、安定した家賃収入を得られることにつながるのです。

注目すべきは福岡市。人口が激しい勢いで増加しています。

2015年に行われた国勢調査で福岡市は神戸市、京都市を抜き、人口において5大都市(第5位にランキング)の仲間入りを果たしました。

人口増加率は、前回(2010年)との比較で5.12%を記録し、全国1位になっています。

この数値は東京都(3.7%)をも上回るものです。

人口増加数は7万4938人にのぼり、政令指定都市の中でナンバー1。

第2位の川崎市(神奈川県)は4万9701人、第3位のさいたま市(埼玉県)は4万1545人の増加と続くことから、福岡市が他都市に大差をつけていることがわかります。

 

   = 主要都市の人口動向 =

  都市名 法定人口 増減数 増減率
0 東京都特別区部 9,272,740 327,045 3.66%
1 神奈川県横浜市 3,724,844 36,071 0.98%
2 大阪府大阪市 2,691,185 25,871 0.97%
3 愛知県名古屋市 2,295,638 31,744 1.40%
4 北海道札幌市 1,952,356 38,811 2.03%
5 福岡県福岡市 1,538,681 74,938 5.12%
6 兵庫県神戸市 1,537,272 -6,928 -0.45%
7 神奈川県川崎市 1,475,213 49,701 3.49%
8 京都府京都市 1,475,183 1,168 0.08%
9 埼玉県さいたま市 1,263,979 41,545 3.40%
10 広島県広島市 1,194,034 20,191 1.72%

総務省統計局「2015年国勢調査」をもとに作成

 

加えて、福岡市は「若者人口」の多さが際立ってます。

人口(2015年当時)に占める10代20代の割合が22.05%と高く、政令指定都市の中でナンバー1となっています。

若者を中心とした人口増加は都市の成長、経済の活性化につながり、賃貸経営にとってもプラス材料です。

また、若者が集まる都市には、企業が労働力を求めて集まってきます。すでにその動きは見られ、後述しますが、福岡市は開業率でも全国1位。

企業の集結によって発展を続けているのです。

 

   = 政令指定都市の若者の割合

  都市名 10~29歳人口(人) 10~29歳の割合(%)
1 福岡市 332,716 22.05
2 仙台市 228,826 22.03
3 京都市 310,494 21.72
4 岡山市 151,127 21.36
5 川崎市 305,761 21.28
6 熊本市 154,304 21.03
7 相模原市 147,265 20.60
8 さいたま市 255,878 20.50
9 名古屋市 455,530 20.18

Fukuoka Facts「若者(10代・20代)の割合 政令指定都市比較」 資料元は『平成27年国勢調査』より

※人口は、国勢調査の基準日である平成27年10月1日現在のもので、年齢不詳を除く