土地の目利き力に絶対の自信

では、私たちグリードはどんな特徴を持つのか。

福岡の地で不動産投資の成功者を多数生んできた当社の強みを紹介します。

 

私たちは福岡で建設会社からスタートし、その後不動産投資事業を幅広く手掛けるようになりました。

私自身、地元である福岡のことは知り尽くしていますが、会社としても福岡で20年以上の経験と実績を積み重ねています。

投資初心者のお客様に推奨する不動産投資スタイルは新築のアパート経営です。

まず、土地を仕入れ、そこにアパートを建設し、完成後は物件の賃貸管理まで担います。

不動産投資をワンストップでサポートさせていただいているわけです。

 

何度もお伝えしている通り、不動産投資は立地がすべてですから、何より土地の仕入れを重要視します。

担当社員が地元の業者と毎日やり取りし、日々の情報収集を欠かしません。

現地での調査も徹底しています。企業秘密なので詳細は明らかにできませんが、さまざまなチェック項目を設けたリストにしたがって厳しく精査し、最終的にすべての条件をクリアした土地だけを仕入れるという流れです。

手前味噌ですが、私たちは土地の目利き力に絶対の自信を持っています。同業他社に負けない一番の強みと捉えています。

 

土地の仕入れにおいて、「やらない勇気」を信条とするのは当社の特徴です。担当社員はこの信条を胸に刻んで仕事をしています。

たとえば、掘り出しものの安い土地を発見したとしましょう。この安い土地を仕入れ、適正な利益を乗せたうえでお客様に販売すれば、大きな儲けを手にできます。会社としては御の字です。

しかし、該当エリアの賃貸需要が望めなかったら、入居者の確保は容易ではありません。

安定した家賃収入を望めず、結果としてお客様に損をさせてしまいます。

私たちはそれを望みません。お客様第一主義の理念に反します。

ですから、自分たちの儲けがいくら大きくても、そういった土地は「やらない勇気」を持って見送ることとしているのです。

 

会社の内情によっても話は違ってきます。

大手の不動産会社の場合は、従業員を多数抱えて給料など経費がかかるため、とにかく多くの物件を建て、販売していかなければなりません。これではお客様第一主義とはいかないでしょう。

対して私たちのような地域密着の不動産ベンチャーは、かかる経費が少ない分、物件を無理に量産しなくてすみます。実際、当社の場合、厳選した物件を年10棟しか生産していません。

さらにいえば、私自身が不動産投資の経験者であることも関係しています。

いまも現役の賃貸経営者として不動産投資家視点を持ち、「自分が買えない物件は勧めない」ことも会社の信条に加えているため、担当社員はプロの目線で仕入れに取り組んでいるのです。