立地にこだわることは好循環を生む

アパートを建設したのち、当社が物件の賃貸管理まで担う話をしました。

その点においても、土地の仕入れを徹底していることが証明できます。

 

賃貸管理の重要な仕事のひとつは入居者募集(客付け)です。

家賃収入に直結する客付けがうまくいかないと、物件を購入されたオーナー様を困らせることになってしまいます。

もし、土地の仕入れをいい加減に行い、賃貸需要が望めない立地の悪いところにアパートを建てたらどうなると思いますか?

そうです。賃貸管理を担う私たちが客付けに力を注いでも、思いどおりにいきません。

家賃収入が得られないとなれば、オーナー様からクレームを受けても致し方ないでしょう。

となると、当社の信用はガタ落ちです。

賃貸管理業務はお金を頂戴してやっているので、業績にも悪影響を及ぼします。

要するに、土地の仕入れで手を抜くことは、自分たちのクビを絞めることになるのです。

そのような行動を望むはずがありません。

 

土地の仕入れを徹底すれば、立地の良さからアパートの入居者確保は容易をなります。

安定した家賃収入をもたらすため、オーナー様に喜んでいただけます。

かたや私たちにとっても、賃貸管理業務で客付けに苦労しなくてすみ、信用を実績を積み重ねられるので、嬉しい限りです。

好立地にこだわることは高い入居率につながり、それはオーナー様にとっても私たちにとってもプラス。

ウィンウィンとなるのです。

 

 

カテゴリー