競争相手に勝てる物件を建てる

厳選して仕入れた土地に、どんなアパートを建設するか。

物件自体の良し悪しも入居率を左右するため、気を配らなければなりません。

望ましいのは「競争相手に勝てる物件」です。すなわち、入居者から選ばれる物件でなければならないわけです。

アパートを建設したエリアの立地が良ければ、必ず競争相手が存在します。

ここでいう競争相手とは近隣のアパートのことです。

競争相手がいるのは悪いことではありません。賃貸ニーズの高さを表していると考えていいでしょう。

とはいえ、競争相手に負けて、入居者から選んでもらえなかったら、家賃収入が安定して入ってこなくなります。

そうならないために、競争相手に勝てる物件である必要があるのです。

私たちが建てるアパートは、ハイクオリティのデザインと、設備の充実度で勝負しています。

洗練された外観や内観のインテリアに、各種設備が整ったクオリティの高い居住空間をウリとしています。

他社にはマネのできないスタイリッシュなアパートによって差別化を図り、競争力を高めているのです。

加えて、建物の品質管理とコストダウンを徹底。細部にこだわって高品質を実現しながら、ムダを極力省いています。

同時に、万全に備えたチェック機能と入念な検査態勢が働き、大地震も見据えた緻密な地盤調査と確かな技術による耐震構造で建物を建設。

安心・安全な暮らしをお約束するとともに、リーズナブルな価格に自信を持っています。

このようなアパートを建てられるのは、当社が建設会社からスタートし、ノウハウを蓄積したからに他なりません。

その強みがあるからこそ、入居者に選ばれ、競争相手に勝てると考えています。

カテゴリー