福岡不動産投資、3人の成功事例 事例3

前回のコラムで、滝本さんの資産拡大の道のりをご紹介してきました。今回も引き続き、滝本さんの積極的な不動産投資の姿勢をご紹介していきます。

 

事例3 滝本大作さん(仮名・65歳)

歯科医、年収非公開、既婚、福岡県在住

 

地元福岡でも積極的な投資を行う

そんな滝本さんが福岡に戻ったのは2017年。地元に愛される歯科医院長だった父親が他界し、後を継ぐことになったのです。

一方、福岡でも不動産投資に積極的なのは変わりません。マンション、アパート、商業ビルなど次々と投資する豪傑ぶりで、成功もあれ失敗もあれという中、揚々としておられます。

現在は4棟ほどの所有に落ち着き、約5億円の資産。

ローンはほぼ完済に近いため、売却したら同額のキャッシュを得られます。もちろん、税金を抜いての話ですが。

不動産投資以外でも、FXで億単位儲けたり、億単位損したり。また仮想通貨に手を出して大儲けしたり、大損したり。とにかく豪快な先生です。

 

マインドとリテラシーに学ぶ

いかがでしたか?滝本さんと自分とでは別世界の話だと感じた人もいるかもしれませんが、不動産投資を志す一般のサラリーマンに学び取ってほしい部分があります。

滝本さんの不動産投資家としてのマインドとリテラシーです。

滝本さんは不動産投資に関して、果敢に挑戦する姿勢を持っています。それは知識や分析力に裏打ちされたものです。

物件情報を瞬時に精査し、いけると思ったら即行動に移す。不動産投資におけるマインドとリテラシーが優れていたからこそ、チャンスをつかみ、成功できたのです。

一般のサラリーマンの場合、不動産投資の勉強し、物件情報を得るところまでは難なくできます。でも、多くの人はそこから先に進めません。

“ノウハウコレクター”という言葉があるように、ノウハウを学ぶことに満足してしまうと、優良な物件情報を得ても反応できず、躊躇するばかりとなります。

これではチャンスをつかめるはずもありません。ノウハウ偏重とならず、不動産投資のマインドとリテラシーに磨きをかけてください。

不動産投資なら、一般のサラリーマンでも滝本さんのように億万長者を目指せます。金融機関の融資をテコにして、億単位の資産、億単位のキャッシュを築き上げることが可能なのです。

 

いかがでしたか。不動産投資のノウハウを学んで満足するのではなく、そのノウハウを活かして実際に物件を購入し、多くの資産を手に入れました。不動産投資を勉強し、実際に物件を購入するといった行動に移せるか、その行動力こそが大事なポイントです。

本コラムで、不動産投資で成功された3名の方を紹介してきましたが、皆さん共通して、素晴らしい行動力をお持ちでした。ほとんどの方が、購入するか躊躇するところを迷わず行動に移していました。そのことが成功に繋がったと伺えます。

ぜひ、その1歩を踏み出し、不動産投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

滝本大作さん(仮名・65歳)の物件紹介

物件所在地:福岡県福岡市東区箱崎

構造・間取り:新築アパート・1LDK 6戸

価格:6,680万円

利回り:年7.01%

年間家賃収入:468万円

年間キャッシュフロー:185万4,960円

カテゴリー