ワンルームとファミリータイプ

不動産投資で物件を購入する際、様々な選択肢があるかと思います。

1棟アパートにするのか、マンションにするのか、新築にするのか、中古にするのかなど…様々な選択肢がありますが、今回はその中の部屋の間取り、ワンルームとファミリータイプについて解説していきます。

ワンルームとファミリータイプとでは、どのような違いがあるのでしょうか。

 

■ワンルームの特徴

ワンルームは、基本的に駅から徒歩5分~10分圏内の駅近に建設されることが多いです。学生や会社員などの単身者をターゲットとしていますが、昨今の高齢化や未婚・晩婚などの社会情勢の変化により需要がさらに高まっている状況です。

総戸数を多くとることができるワンルームは、同じ延床面積であれば家賃収入を多くとれることもあり、利回りが高くなる傾向にあります。

しかし、管理の面では問題を抱える場合があります。家賃滞納や騒音問題などが起こる可能性が高く、日々の管理が重要になります。

★メリット

・ファミリータイプより、修繕費用やリフォーム費用が安く済む

・戸数を多くとれるので、利回りが良い

・昨今の社会情勢の変化により需要が高まっている

・空室期間を短い

★デメリット

・入居期間が短い傾向がある

・家賃滞納や騒音問題等、管理が大変なことがある

・駅近でないと入居付けが難しい

 

■ファミリータイプの特徴

ファミリータイプは、基本的に一度入居が決まれば入居期間が長期間にわたることが多いです。また、ワンルームと比較して、家賃滞納のトラブルも少ない傾向にあります。

ファミリータイプは、ワンルームと違い駅からの距離に左右されることはないので、駅から離れたエリアでも入居の需要が見込めます。

★メリット

・職業的にも安定していていることが多いため、家賃滞納などのトラブルが少ない

・一度入居が決まると、長期間住んでもらえるため、安定した賃貸経営ができる

・駅から遠い物件でも駐車場があったり、周辺環境が整っているエリアであれば、入居付けしやすい

★デメリット

・ワンルームに比べて、修繕費用やリフォーム費用が高い

・ワンルームと比べると利回りが低い

・一度空室になると、空室期間が長期化しやすい。

 

ワンルーム・ファミリータイプそれぞれにメリット・デメリットがありますので、土地の周辺環境や立地などをみて、見極める必要があります。そのエリアできちんと入居がつくのか、そのうえ収支がとれるのかを判断して選んでいきましょう。

物件選びに不安がある方は、不動産投資会社に相談してみてください!

カテゴリー