賃貸管理の重要性

本日は、賃貸管理の重要性についてお話し致します。

不動産投資では収益物件を購入する前の立地選定や融資戦略も重要ですが、購入した後の賃貸管理も非常に重要になってきます。

収益物件購入後の賃貸経営の方法で不動産投資の成果は大きく変わっていきます。

不動産投資で重要となる高い入居率を維持させることにも繋がります。

 

では、実際に賃貸管理とは何があるのでしょうか…

 

■入居者に関すること

入居者募集、契約の手続き、入居者の家賃の集金、滞納者への催促、クレーム対応、

契約が切れた際の更新手続き、退去時の立会い、敷金の精算……etc.

 

■建物に関すること

共用部分の定期清掃、設備の点検、不良対応、退去時の原状回復、リフォームの提案……etc.

 

賃貸管理の業務は、多岐にわたります。

これらの業務をご自身で管理する場合、すでに退職されている方など時間的に余裕のある方は可能かもしれませんが、本業がある方は現実的に厳しいのが現状です。入居者にトラブルがあった場合は、昼夜問わず対応しなければなりません。

 

管理会社に委託するとしても管理会社選びを間違ってしまったら、入居者を確保できず空室状態が続いたり、建物の管理が行き届いていなく、建物の資産価値が下がってしまったりなど、思わぬ痛手を被ることになりかねません。

 

万全のサポート体制が整った会社に管理を任せることで、管理運営面での手間が一切かかりませんし、入居者からの依頼にも迅速に対応でき、入居者にとってもプラスです。

また、きちんと管理されおり、建物の清掃が行き届いていると、物件が常にキレイに保たれ、たとえ空室になっても入居が決まりやすくなります。

新たな入居希望者が内見したら、ひと目惚れとなるからです。そして、キレイで住みやすい環境に腰を落ち着け、長く住んでもらえます。

 

このように、アパート経営の収益は、賃貸管理によっても左右されるのです。

募集をかけるだけで入居者が見つかるといったことはありません。戦略的なリーシング活動やリフォーム、リノベーションの計画など賃貸経営を成功させるためには様々な策を練る必要があります。

 

信頼できる管理会社を見つけ、二人三脚で賃貸経営を行っていきましょう!

 

 

 

カテゴリー