確定申告

確定申告とは、1/1~12/31までの1年間の所得に対する税額を計算し、自身の住んでいる地域の税務署に申告と納税をすることです。確定申告の受付は、原則、毎年2/16~3/15までになります。

会社員の方は、給与から必要な税金が引かれるため、確定申告に馴染みがない方も多いかもしれませんが、会社員でも年収2,000万円を超えている方は、確定申告が必要です。

また、不動産投資を行っていて家賃収入がある方や不動産を売却した方は、確定申告が必要になります。家賃収入による収益や不動産売却による収益には所得税がかかります。その所得税に応じて住民税なども決められます。

不動産所得は、他の所得と損益通算できますので、赤字の場合は給与所得から控除が可能です。

 

実際に確定申告を行うに際にどのような書類が必要になるのか、確認しておきましょう。

・不動産売買契約書

・賃貸契約書

・家賃の送金明細書

・固定資産税の通知書

・不動産取得税の納付書

・借入の返済表

・管理費、修繕積立金の証明書類

・火災保険証券

・源泉徴収票

 

確定申告を行わなかったり、申告漏れがあった場合は、ペナルティが課せられます。

無申告だった場合は、家賃収入に対する税金にプラスして無申告加算税や延滞税が加算されます。申告漏れがあり過少申告をしていた場合は、過少申告加算税が、虚偽の申告があった場合は、重加算税が加算され、より高い税率が課せられます。

 

不動産投資のために不動産を購入した方は確定申告が必要ですので、きちんと理解し期間内に申告を行いましょう。

 

 

カテゴリー