不動産投資はサラリーマンの副業に向いている

今回は、不動産投資がサラリーマンの副業に向いている理由についてお話致します。

不動産投資は投資というより、不動産賃貸事業という一つの事業です。物件を他人に貸して家賃を得るインカムゲインをメインとします。

不動産投資がサラリーマンの副業に向いていると言われるのは、非常に良い条件が揃っているからです。

サラリーマンにとって良い条件についてみていきましょう。

 

1、事業のほとんどを管理会社に委託できる

不動産投資は、株やFXのように時間を取られることはありません。管理会社に不動産の管理を委託できますので、賃貸管理の実務についてサラリーマン自らが対応する必要はありません。

賃貸募集から集金、管理まで管理会社任せながら収益を得ることができます。時間的制約があるサラリーマンにとって時間的な縛りが少ない不動産投資はおすすめの副業です。

 

2、銀行から融資を受けやすい

不動産投資は、投資の中では珍しい銀行融資を受けられる投資になります。不動産自体に担保価値があるため、個人でも多額の借り入れが可能です。

サラリーマンのように一定の収入がある人たちは、融資を受けやすく、自己資金をある程度用意できれば物件を購入して不動産投資を始めることが可能です。特に大手企業や公務員の方は、銀行からの評価も高い傾向にあります。

 

このように働きながら収益を得ることができる不動産投資は、サラリーマンの副業におすすめと言えます。

しかし、不動産投資の知識が全くないまま不動産投資を始めるのはあまりおすすめできません。キャッシュフローがマイナスな物件を購入したり、相場よりも高値の物件を購入したりと収益がでず不動産投資が失敗に終わるケースもあります。

セミナーや書籍などで不動産投資の知識を深め、資産を増やしていけるようにしましょう。

 

カテゴリー