オーナーチェンジ物件の魅力

今回は、オーナーチェンジ物件についてお話ししていきます。

オーナーチェンジ物件には複数のメリットがあり、うまく活用していけば効率的に不動産資産を増やしていくことができます。

オーナーチェンジ物件とは、、、

家賃収入が発生している状態で物件を売却するため、オーナーの地位はそのまま引き継がれる物件のことを言います。中古の投資用物件の場合、ほとんどが入居者が居住のまま売買募集されますので、中古物件をネットなどで検索するとオーナーチェンジ物件と書かれていることが多いです。ですが、投資用物件でも現状空室で入居者がいない場合については、オーナーチェンジ物件とは言いませんが、アパートなどの1棟ものの場合は、1部屋でも入居がついて家賃が発生していればオーナーチェンジ物件といわれます。

 

オーナーチェンジ物件のメリットとは、、、

■すぐに家賃収入が得られる

新築物件に投資した場合、入居者が決まるまでの間は一切収入がありません。それに対してオーナーチェンジ物件だと購入時点ですでに入居者がいるためすぐに家賃収入を手にすることができます。ローンを組んで不動産投資をする場合、物件の引き渡しからローン返済が始まりますので、入居者が決まっていないと自己資金を使って返済しなければなりません。

物件購入時は多くの諸経費かかりますので、すぐに家賃収入が得られることは大きなメリットです。

また、オーナーチェンジ物件だと入居者を探す手間などがかからないのもメリットの1つです。入居者がいない状態で賃貸経営をはじめる場合、賃料設定や入居者募集を行う必要がありますので、その手間が省けるのはありがたいことです。

 

■投資計画が立てやすい

新築物件の場合、シミュレーション通りに入居が埋まるかわからないが、オーナーチェンジ物件は過去の実績に基づいて収益状況を把握できるため、購入後の収益の見通しが立てやすくなります。収入の部分が購入前に確定しているので、自分自身が理想とする利回りから逆算して購入金額を決めると失敗するリスクは低くなります。購入後の収益の予想をある程度立てられるので、資産を増やしていく計画も立てやすくなります。

 

■修繕費用などの出費を抑えられる

中古の物件で入居を決めるためにリフォームが必要になる場合があります。そのままの状態で募集してもすぐに入居が決まらない可能性が高いため、リフォームをして募集を行います。家賃が発生してない状態で出費がかさむのは非常に痛手となります。すでに入居者が住んでいる物件だと退去するまでの間大きな出費はありませんし、家賃収入でリフォーム費用分を貯めておくこともできます。

 

今回はオーナーチェンジ物件のメリットについて紹介しましたが、一方でオーナーチェンジ物件だからこそ気を付けなければならない点があるのも事実です。次回のコラムで、オーナーチェンジ物件の注意点について紹介していきます。

 

カテゴリー