買付とは。。。

今回は物件購入をする際に行う”買付”について解説していきます。

物件を購入するためには買付証明書を提出する必要があります。その買付証明書を書く際のポイントなどを今回のコラムでお伝えしていきます。

買付とは、、、

売主に物件を購入する意思を伝えることです。

買付証明書とは、、、

物件を購入する前に売主に対して物件を購入する意思を伝えるために作成する書面のことです。

 

買付証明書は通常、物件を購入する際、売買契約の前に売主の仲介業者に提出します。売主はその買付証明書の内容を確認して、契約するかどうかを判断します。

買付証明書は物件を購入したいという証明書だが、法的な拘束力はありません。売買契約は原則として売主と買主双方の合意により成立となりますが、買付証明書の提出だけでは売買契約は成立しませんし、拘束されることもありません。

そのため、一度買付を出した後でも法的にはキャンセルは可能です。しかし、売主や仲介業者に迷惑がかかるためなるべく控えたほうがいいでしょう。何度もキャンセルを繰り返していると仲介業者の信用を失うことにも繋がりかねませんから、購入の意思が固まってから提出することをおすすめします。

 

■買付証明書の作成方法

実際に買付証明書にはどのようなことを記載するのかご紹介していきます。

買付証明書に記載する内容

※買付証明書は決まった書式はありませんので、不動産会社が用意してくれる書式を使えば問題ありません。

 

買付証明書の印象

条件の良い人気な物件はすぐに買付が入り、申し込みが重なってしまいます。その場合、買主は複数人の中から最終的に買主になる人を選ぶことになります。

先着順で買主が決まるというわけではありませんので、競合しそうな物件は、売出価格より高い金額を提示するなどしてほかの購入希望者より有利な条件で売主に選ばれるように工夫することも大切です。

 

買付証明書は売主とのファーストコンタクトになります。早さも重要ですが、内容をきちんと書いて売主に好印象を抱いてもらえるよう心がけましょう!

カテゴリー