医師の不動産投資

今回は医師が不動産投資に向いている理由について紹介していきます。

近年、副業として不動産投資を始める方が増えています。その中で医師の方の不動産投資が成功しやすいと言われています。医師といえば安定した収入があるというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。医師という職業は不動産投資で成功しやすい要素が揃っています。

 

医師が不動産投資に向いている要素

◆属性が高い

医師という職業は社会的な信用があり、金融機関からの信頼度も高いためローン審査が通りやすいと言われています。信頼の高さから低金利で融資を受けられたり、金融機関から優遇してもらえる可能性があります。

また、他の職業の方よりも年収が高いため融資の限度額も高くなります。そのため一度に多額の投資ができ、資産形成をより加速させることができます。医師はは好条件で不動産投資を始めることができます。

 

◆キャッシュフローが出やすい

医師は年収が高額なため、十分な自己資金を準備することが可能です。自己資金を多めに準備できれば融資の返済額を低く抑えられるためキャッシュフローが出やすくなります。

また、自己資金を多めに準備しなくても医師は低金利など好条件で融資を借りることができるため毎月の返済額を抑えられ、キャッシュフローも出やすくなります。

 

◆本業に支障がない

医師の仕事は過酷で多忙な仕事です。株やFXなど常に変動相場をチェックしなければならないので、多忙な医師には向いているとはいいがたいです。

一方、不動産投資は短期間での価格変動が少なく比較的安定しています。本業の仕事に集中していても問題なく運用できます。購入後の賃貸経営についても管理会社に任せていれば実質何もすることはないので、本業に支障が出ません。

 

 

医師という属性が不動産投資を行う上でメリットといえます。

不動産投資を行う上で重要な融資がほかの職種の方より好条件で利用できる可能性があります。その属性を活かして不動産投資を始め、資産を増やしていきましょう。

カテゴリー